不倫慰謝料を請求された方

不倫・浮気の慰謝料を請求され、お困りですか?

弁護士 清水加奈美

事情はどうあれ、「不倫」は慰謝料の支払い義務を発生させる行為にあたります。相手の慰謝料請求を放置していると、事態がより悪化してしまう危険がありますが、何もかも相手の要求に応じなければならないというものでもありません。適切な専門的対応が必要な問題ですから、あまりお一人で抱え込まないようにしてください。

ネットで検索すると、弁護士、司法書士、行政書士、探偵、○○センター、ボランティアなど、色々なHPがあって、一体誰に相談したらいいのか困ってしまうかもしれません。
こうした問題を解決するにあたっては、まず「弁護士」に相談されることをお勧めします。

不倫慰謝料の問題について、弁護士だけが可能なお手伝いの仕方を、このHPでは一通り紹介していますから、まずはご覧下さい。

「これからどうなるのか?」「弁護士の費用は高いのでは?」よくご質問のある基本的な事項についても、当事務所の考えを掲載してあります。
具体的な解決に向けた方針のご提案は、あなたのご事情とお気持ちを詳しく伺った上で、弁護士から直接差し上げたいと思います。
ご納得のいく解決になるよう、尽力させていただきます。まずは無料法律相談をお申込下さい。

弁護士 清水加奈美(愛知県弁護士会所属)

※実際に何らかの請求や通知を受けた方が無料相談の対象となります。

弁護士からのアドバイス

  • 不用意に相手と会ってしまうと、不利な証言を取られたり、相手の作成してきた示談書にサインを迫られたりと、不都合な展開になることがしばしばあります。一度、そうした流れが生じてしまうと、あとで覆すことが困難な場合もありますから、相手と会うことについては慎重になってください。
    相手と会う前に、まずは弁護士の法律相談を受け、正しい知識を得てください。
  • 「職場を辞めろ」といった要求を真に受ける必要はありません。あくまで金銭の問題として解決することが本筋です。法律相談の際に詳しくご説明いたします。
  • 弁護士にご依頼されれば、相手との交渉は全て弁護士が代わりに行います。
    ご本人の立ち会いは、一切不要です。「本人を出せ」といった要求にも応じることはありません。
  • 「○○円の支払いを命じた判例がある」といった相手の主張を間に受けないでください。判決はケースバイケースの結論で、あなたのケースで同じ展開になるかどうかは全く別問題です。
  • 最適な解決方法は、ケースにより異なります。当HPでは、不倫慰謝料請求に関する一般的な情報をご紹介していますが、あなたにとっての具体的な最善策については、個別に検討する必要があります。
    当事務所では、弁護士が面談にて直接あなたのご事情を伺い、解決への道筋をご提案いたします。ますは無料相談予約をお申込下さい。
不倫・浮気の慰謝料を請求された!

不倫慰謝料の問題においては、現在あなたが置かれている立場をきちんと認識することが大変重要です。相手の代理人弁護士から慰謝料を請求されているのに、返事もせず放置してしまったような場合、ある日突然、裁判所から訴状が届くということも十分に考えられます。裁判を起こされているのに放置したり、判決の支払内容を守らなかったりすれば、職場に給料の差し押さえ命令が届いたり、預金口座が差し押さえられるという事態もあり得るのです。
このように、不倫という行為の責任を、あまり軽く考えてはいけません。

一方、いくら不倫・浮気があったとはいえ、相手の要求を何もかも甘受しなければならない訳でもありませんから、そこは区別が必要な点です。相手の要求内容によっては、毅然とした対応が必要となるケースもあります。
当事務所の無料法律相談では、今後考え得る展開や、検討が必要な事項を詳しくご説明しますから、ご心配な点などがあれば何でも質問して下さい。

なお、「相手の方から誘われた」「最初は独身だと思っていた」というお話もよくお聞きしますが、それを主張して相手の慰謝料請求を根底から覆すことができるかというと、なかなか難しい場合が多いのではないかなと思います。不倫・浮気の事実に争いがないのであれば、基本的には慰謝料を支払う債務があるという前提での法律相談となるでしょう。

その中で、金銭面でも気持ちの面でも、出来る限りあなたの負担が軽くなるようなご説明、解決へのご提案を差し上げたいと想います。

あなたの代理人として弁護士が動きます

弁護士は、あなたの代理人として業務を行います。「代理人」や「代理権」の意味が少し分かりにくいかもしれませんが、簡単に言えば、ご依頼をいただいた業務の範囲内で、あなたの立ち会いを必要とせずに、あなたの代わりに動けるということです。

不倫慰謝料という案件の性質上、ご本人が相手と会う・話すといった行為は、かなりのストレスになるかと思います。

不倫慰謝料の問題を弁護士にご依頼されれば、相手との交渉は全て代理人である弁護士が行いますから、ご本人が相手とコンタクトする必要は全くありません。
「本人を出せ」「本人も立ち会え」と言った要求にも応じることはありません。

不倫慰謝料請求の裁判を起こされた場合でも、準備書面の作成から裁判所への出廷、法廷での主張立証などを、弁護士があなたの代理人として、専門的観点から対応します。そして、こうした弁護士の業務成果は、そのままご本人に帰属するのです。

ご本人の精神的・肉体的な負担も大きく軽減できること、専門家が行った業務の効果をご本人のものにできることが、「弁護士」に依頼する大きなメリットです。

このように、不倫慰謝料の問題を解決する上で、弁護士が「代理人」になれるという点はとても重要なポイントです。

こうした代理権は、弁護士のほかは一部の司法書士だけが条件付で有しているもので、行政書士や探偵、ボランティアといった業種には代理権がありません。
あなたが不倫慰謝料のご相談やご依頼を検討されている専門家は、実際にどういった業務のお手伝いができ、ご本人が自分でやらなければならない事は何なのか、という点は、事前に十分確認されることをお勧めします。

相手の要求にどう対処するか

不倫慰謝料の交渉においては、慰謝料を請求してくる側の要求が過大であると感じることも少なくありません。単に慰謝料の請求金額が過大という場合だけでなく、例えば「職場を辞めろ」「職場に報告しろ」といった要求もよく見られるものです。

不貞行為自体は民法上の不法行為にあたり、金銭的な賠償債務を発生させますが、だからといって何でも相手の言いなりになる義務まではありません。まずは、そのことを無料法律相談にてご説明します。

ご自身で相手と会って交渉や約束などをしてしまうと、その後に弁護士が入った際の交渉にも差し支えがありますから、まず早い段階で弁護士にご相談をされることを当事務所ではお勧めします。

既に具体的な請求を受けている場合

具体的な方針はケースバイケースで検討していくしかありませんが、不貞行為自体が間違いないのであれば、ある程度の慰謝料支払自体は前提としたご説明になると思われます。
したがって、不倫慰謝料請求を受けた場合に、弁護士がお手伝いする業務は「不当な要求については廃除する」「支払い金額をできる限り下げる」「問題が後で再燃しないように、きちんと終わらせる」という点が中心となります。

示談・和解に際して付される条件の交渉、相手本人または相手の代理人弁護士とのやりとり、示談書の作成・押印などについても、代理人である弁護士が行います。ご本人にとって、金銭的にも精神的にも、より負担の軽い形の解決を目指してまいります。

相手の請求額によっては…

相手の請求額がそれほど過大ではなく、依頼した場合の弁護士費用などを考えると、相手の請求額をそのまま支払う方が、経済的にはお勧めではないかと思われるケースもあります。
当事務所では無理に弁護士への依頼をお勧めすることはありませんから、そうした場合には最初の無料法律相談にて、率直にアドバイスをさせていただきます。

もっとも、書面の作成や取り交わし、慰謝料額以外の条件を含め、今後トラブルが再発しないように弁護士を立ててキッチリ済ませたいというご希望をお持ちの方については、費用面も含めてご提案をいたしますから、法律相談の際におっしゃってください。

気をつけていただきたいこと

繰り返しになりますが、当事者だけで会うという行為については、ぜひとも慎重になっていただきたいと思います。
相手が何人で待っているのか、何を用意しているのか予想もできない場へ、正しい知識もなく臨むことは、当事務所ではお勧めできません。

不利な念書や録音などを取られていたりすれば、その後選択しうる方針も狭くなってしまう場合があります。
仮に穏便な面談となった場合でも、当事者間で約束や交渉などが進んでしまっている場合、途中から弁護士が入るということが難しくなってしまうことがあります。
それまでの経緯でどういった交渉がされたのか、どのような流れを経て現在の状況に至っているのか、弁護士が直接確認していない事項が増えるほど、その後の責任ある業務遂行が困難となってしまいます。

不倫慰謝料の問題について弁護士へのご依頼をお考えの場合、相手と直接会ってお話などをされる前に、まず無料法律相談を受けていただきたいと思います。

不倫慰謝料に関する弁護士コラム

 

30分無料相談実施中!