気をつけること

無視・放置はお勧めしません

基本的なことですが、不倫慰謝料の支払いを求める通知・内容証明郵便などが届いたら、きちんと受領して内容を確認しましょう。こうした通知が届いたということは、相手がある程度、覚悟を決めて慰謝料の支払いを求めてきたことを意味します。
あなたが現実から目をそらして放置や無視をしていても、この問題が自然消滅することは無いと考えるべきです。もし通知書が代理人弁護士の名義になっている場合、すぐ裁判を起こされるという可能性も十分ありますから、なおさら放置すべきではありません。

どうしたらよいか分からない、相手に連絡するのが不安という方は、すぐ当事務所に無料法律相談の申込をされることをお勧めします。

相手と会うかどうか

繰り返しになりますが、弁護士への法律相談・正式ご依頼の前に、相手と会うかどうかは、慎重な検討の上で判断されてください。
こうした面談は、不倫発覚の直後に行われることが多く、当事者だけで冷静な話し合いが可能かどうかは、大いに不安のあるところです。約束の場所に行ってみたら、相手は複数人で待ち構えていた、激しく責められたというお話や、どうしても弱い立場に置かれ、不利な証言を録音された、相手の持参した示談書に署名してしまったというお話が、本当に珍しくありません。

こうした不利な流れが一度生じてしまうと、後で弁護士に依頼をされても、形勢を覆すことが難しい場合があります。当事務所としては、不倫相手に会うという行為には慎重になっていただきたいと思います。

資金の工面が必要です

最終的に支払うべき慰謝料がいくらになるか、ということを事前に予測することは難しいですが、一般的に言えば10万円や20万円で済む話ではありませんから、ある程度の資金を工面していただくことが、解決に向けた交渉などを進めるための前提になってきます。

また、例えば慰謝料100万円を支払うにしても、「100万円を一括払い」の場合と、「10万ずつ10回の分割払い」の場合とでは、相手が示談に了承するかどうかのハードルも変わってくると考えるべきでしょう。金銭面で苦しい状況の方もいらっしゃるかと思いますが、まずは賠償資金のメドをつけていただくことが、スムーズな解決のためには大変重要です。

証拠の確保について

不倫慰謝料の問題においては、不倫に至る事実関係や、当事者の発言などについて、双方の認識が食い違うことがあります。特に、不倫関係の成立・維持において、どちらが主導的であったかという点が争いとなりがちです。

こうした点も、慰謝料額の算定に影響を及ぼす部分ですから、事実と異なる事実関係が主張された場合についてまで、これをそのまま受け入れるべきではありません。的確な反論を行うためにも、お手元に残っているメールや手紙などは、処分せずそのままにしておいてください。

不倫慰謝料に関する弁護士コラム

 

30分無料相談実施中!