交渉のメリット・デメリット

裁判のような大事になってしまうより、交渉で速やかに解決することができれば、より望ましいことです。ただ、交渉は相手があることですから、こちらの要望通りに進むとは限らず、最優先事項を実現するために譲歩が必要となる場合もあります。

交渉のメリット

  • 状況により早期解決が見込める場合がある
  • 分割払いなど、示談条件を柔軟に調整できる場合がある
  • 裁判をされた場合の心理的・物理的負担がない

交渉のデメリット

  • 相手の請求内容や考え方によって、方針が大きく影響される
  • 強硬な相手の場合、示談条件が折り合えない場合がある

交渉による解決のメリットについて

交渉による解決は、早期解決という点で、慰謝料を「請求される側」の方にとってもメリットがあるものです。
また例えば、示談内容として「今回の件について、双方が外部に他言しない」といった条件を付加したり、場合によっては慰謝料を分割払とすることが可能な場合もあるなど、解決の内容を柔軟に調整しうることもメリットです。

裁判でさんざん争い、結局は慰謝料を支払うことになるという見込みが高いケースであれば、相手の請求額や要望の内容にもよりますが、交渉によって早期に幕引きするという選択肢も、十分検討の価値があるでしょう。

とはいえ、十分な交渉もせずに最初からあまり譲歩した場合、交渉や裁判によって事実関係を整理し、こちらの言い分を尽くした場合と比べて、かなり高額な慰謝料を支払う事になってしまう可能性もあります。

こうした問題の解決にあたっては、「最も重視すべき事は何なのか」という判断が必要となります。ご本人が納得のいくような方針となるように、まずは率直なお気持ちを聞かせてください。

交渉による解決のデメリットについて

交渉は相手のある話し合いなので、示談条件について相手との合意が得られなければ成立しないものです。このように、こちらの都合だけでは解決に結びつかないことが、交渉による解決のデメリットといえます。

「請求される側」の方としては、様々なご事情があるかと思いますが、まずは「示談金としていくら用意できるのか」という点が実際のところ大きな問題です。不倫の問題は性質上、どうしても双方が感情的になりがちで、相手の妥協や寛容を期待しづらいものですから、まずは金額面で折り合えないというケースも多くなります。

一方、こちらがある程度の金額を支払う意思と用意がある場合であっても、相手の態度が非常に強硬で、過大な請求を受けているために折り合えないというケースも相当数みられます。
例えば、相手が不倫慰謝料として1000万円を請求してきた場合、どう対処すべきでしょうか。仮に裁判となったとしても、それほど高額の慰謝料支払いを命じる判決が出ることは通常考えづらいですが、相手があくまで1000万円の慰謝料に固執してくる場合、早期の解決を重視して、その要求額を飲むべきでしょうか?
あるいは、謝罪文の提出が示談の条件となっている場合に、こちらの認識と全く異なる不倫の経緯を記載するよう求められたら、応じるべきでしょうか?
あくまで一例ですが、こうした無理難題に近い要求というものは、実務上も珍しくありません。

このように、「交渉でスムーズに解決できるか」という問題は、双方の考えや状況によって大きく左右されますから、事前の見通しをつけることは難しい部分もあります。相手の要求内容を全て飲むなら別ですが、交渉や裁判の過程で何らかの減額や条件緩和を目指そうとする以上、必ず交渉で解決できるという保証はありません。

したがって、具体的な方針については、その都度、弁護士からご報告しつつ、随時打ち合わせを実施しながら決定していくことになります。裁判を起こすことは相手にとってもコストのかかることですから、まずは双方が合意可能な解決の落とし所を交渉によって探っていくという考え方もあるでしょう。あるいは、どこかの段階で交渉を打ち切って、相手の裁判を受けて立つという選択肢も場合によっては有効です。

また、裁判を起こされてしまった場合でも、裁判の中で和解が成立することは珍しくありません。もし裁判になったとしても、なるべく早期かつ妥当な内容での解決が実現できるよう、裁判の中でも和解成立に向けた努力をさせていただきます。

色々と疑問や不安をお持ちかと思いますが、まずは法律相談にて、率直なお気持ちを弁護士におっしゃってください。

不倫慰謝料に関する弁護士コラム

 

30分無料相談実施中!